CentOS 7 で Hubot on Docker をやってみたメモ

2016年4月11日

Docker こんなに流行っているのに、前職の後輩たちもみんな使っていたのに、俺使っていなかったー

まぁ言い訳言うと、ライン管理職とかプロジェクトマネージャーとか、サービス企画とかがお仕事だったんで、必要なかったからということがあるんですが…

Hubot も Docker も何もやったことなかったし、メモってないのでうろ覚えでメモる
間違ってたら後で直せばいいやん

事前準備と環境

目標

  • いくつかの Slack に Hubot を参加させる
  • Hubot ごとにコンテナを起動させる

手順

Hubot を動かすため、node.js の環境を用意する

ここでは Docker Hub にある公式のイメージを利用した

$ docker pull node
$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             VIRTUAL SIZE
docker.io/node      latest              2c06219661ed        8 days ago          644.2 MB

コンテナの起動

$ docker run --rm -it -v /etc/localtime:/etc/localtime:ro --name "bot-base" node /bin/sh

オプションの説明

  • --name “bot-base”
    コンテナ名は bot-base
  • node
    使うイメージは node.js
  • -v /etc/localtime:/etc/localtime:ro
    localetime はホストと Readonly で共有する(日本の時間にする)
  • -it , /bin/sh
    起動後シェルに入る
  • --rm
    落とした時にコンテナを削除する

コンテナ起動後

  • Ctrl+p, Ctrl+q でコンテナから抜ける
  • exit で抜けたらコンテナは削除される(--rm をつけているため)

--rm をつけずにコンテナを手動で削除するとき

$ docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS               NAMES
2f12ee8929bb        bot-base            "/bin/sh"                  5 days ago          Up 5 days                               bot-base
$ docker stop bot-base
bot-base
$ docker rm bot-base
bot-base

Hubot 動かせるまでひたすら頑張る

次の事ができるまで、試してみてメモって、またコンテナ最初からやってみてを繰り返した

  • Hubot Generator をインストール
  • Hubot を作成
  • Hubot を起動

これを元にして Dockerfile を作った
Dockerfile は次の通り

FROM node
MAINTAINER miyamiya

RUN npm install -g yo generator-hubot
RUN npm list -g yo generator-hubot
RUN useradd bot
RUN mkdir /home/bot && chown bot.bot /home/bot

USER bot
WORKDIR /home/bot
RUN  yo hubot --owner "miyamiya" --name "bot" --description "Hubot image" --adapter slack

CMD cd /home/bot/hubot; bin/hubot --adapter slack

Hubot 用イメージを作成する

$ docker build -t bot-base .
Sending build context to Docker daemon 4.096 kB
Step 1 : FROM node
 ---> 2c06219661ed
Step 2 : MAINTAINER miyamiya
 ---> Using cache
 ---> 6cd0fb4b3b24
Step 3 : RUN npm install -g yo generator-hubot
 ---> Using cache
 ---> 86f522f924ca
  :
(省略)
  :
npm info ok 
 ---> ef4964132a7f
Removing intermediate container 2464b01dd061
Step 10 : CMD bin/hubot --adapter slack
 ---> Running in 2d797a7465fd
 ---> c64050988afd
Removing intermediate container 2d797a7465fd
Successfully built c64050988afd
$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             VIRTUAL SIZE
bot-base            latest              c64050988afd        18 minutes ago      698.8 MB

作ったイメージの削除方法

$ docker rmi bot-base:latest  # 又は docker rmi c64050988afd でも可
Untagged: bot-base:latest
Deleted: c64050988afde89c14b937c6c1382a984b1a676e10b0a96bb1566a98ba23621e
Deleted: ef4964132a7f637a3862086cc64ffce53a5acd0d6a459d9a338e24ce98de96b7
Deleted: e7cec4828b1aa52b9840fe8cf099ee43d36ed802c68936c113ecc822a0882715
Deleted: cf0c4e3fff369b137cf68839abdc2869266cb846a9bbc247e4b517c667936d9e
Deleted: 5a6f64bcca492dc861035ed78cb3e8916a3e584832fdd0874f2482cc637a54b4
Deleted: f3f7ed898049035d93d38b951e012644abe8463b72efca2409aea8769c03cf26
Deleted: fa599f410d58049a73f9ea39e86fda7c50deb5b386d98be286f21ff0effeb225

作ったイメージを使って起動する

$ docker run -itd -v /etc/localtime:/etc/localtime:ro -e "HUBOT_SLACK_TOKEN=slackから取得したtoken" --name "作成するコンテナ名" bot-base /bin/sh