WSL の MySQL に A5:SQL Mk-2 から接続する

何に使うかは聞かないで欲しい個人メモ

Ubuntu のセットアップ

  1. WSL をインストール
    PowerShell を起動して次のコマンドを実行する

    Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux
    
  2. WSL に Ubuntu をインストール
    Microsoft Store から「Linux」で検索して、Ubuntu をインストール
    ※今回は Ubuntu 18.04 LTS を入れた

  3. Ubuntu の起動
    Windows メニューから Ubuntu を実行する

    ※もしここで「0x8007019e」というエラーが出るようなら、WSL のインストールを行う

  4. Ubuntu のセットアップ
    Ubuntu 起動中に root ユーザーのパスワード登録を求められるので登録する

MySQL のセットアップ

  1. MySQL のインストール

    $ sudo apt install mysql-server mysql-client
    
  2. MySQL の起動
    $ sudo service mysql start
    
  3. MySQL へ接続
    $ sudo mysql -u root
    
  4. データベースの作成
    ここではデータベース名 misono を、4 バイト対応 UTF-8 で作成

    mysql> CREATE DATABASE misono DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4;Query
    
  5. 外部接続ユーザーを作成
    全ての権限を持ち、どこからでもアクセス可のユーザー「hoge」を作成する

    mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO hoge@"%" IDENTIFIED BY 'hoge' WITH GRANT OPTION;
    

A5:SQL Mk-2 から WSL MySQL へ接続

  1. A5:SQL を起動し、「データベースの追加と削除」ウィンドウを開く

  2. 「データベースの追加と削除」ウィンドウで [追加] ボタンを押下し、接続するデータベース接続タイプで「MySQL/MariaDB (直接接続)」を選択する

  3. 接続する
    下記情報を設定して、[テスト接続] ボタンを押下する

    • ホスト名: localhost
    • ユーザーID: hoge
    • パスワード: hoge
    • データベース: misono